【長野移住】雪道運転するなら持っておきたいアイテム3選とNG行動

【長野移住】雪道運転するなら持っておきたいアイテム3選とNG行動ライフログ
この記事は約15分で読めます。

どーも、Mialy (@Mialy Design)です。

新型ウイルスの影響で長野への移住者が増えているそうですね。
私の身の回りには移住してきた人が居ないので
全然実感が湧かないのですが
この記事に辿り着いたあなたは移住者!!ですよね?

ようこそ長野へ~~~~(*´▽`*)

きっと今頃、
「長野雪多すぎ、、」
「運転怖ぇぇぇぇ」
「歩いた方が早くね?」

なんて思ってるはず。

そんなあなたに雪道に全っ然慣れない私から
これだけは持っとけ!持ってるとちょっぴり安心だぞ!
という雪道運転に欠かせないアイテムを3つ
ご紹介いたします。

それではレッツゴー!

※ちなみに私は物心ついてから長期間他県に
住んだことがないので、
他県の冬事情が分かりません。
こんなの使ってるわい!
ってものがあったらごめんなさいね。。

スノーブラシ

通称「車の雪下すやつ」です。
初めて名前知った。

これ、高いのも安いのも伸びるのも伸びないのも
色々あるんだけど、こういうのがオススメ。

持つところがアルミだけのものは軽量だけど、
冷たいし意外と疲れやすい(私の背が低いからかもだけど)。
そして、わっしゃーっていかにもブラシ!ってのもあるけど
このスポンジとワイパーみたいなのが私は一番使いやすいと思う。

で、実は雪はひどくないけど窓が凍ってる!
って時に使う三角のアレ(名前知らない)も紹介
しようと思ってたら棒の先っちょについてるね。
でもこれは正直別途購入した方が使いやすそう。
そんな高い物じゃないからね。

このスノーブラシは出かける時に車の雪を下すのは
もちろんのこと、 雪が降る日は職場にも忘れずに持って行ってね。
ワイパーが凍らないように上に上げて置くのも忘れずに★
(周りの車が上げてる時は真似して上げとくといいよ)

山沿いとか日本海側とか余裕で50cmとか積もりますけどもー!
って方はアルミの角型スコップを持ってたら
遭難する確率がグンと減るよ!

アイススクレーバー

先ほど書いた三角のやつがこれ。
こんな良いの使ってる人見たことないけど。
大体三角の100均に売ってそうなやつ使ってる人が多いけど
こんな風に使うよー、という参考までに。
ホームセンターとかカー用品のお店には必ずあるよ☆

うちの旦那とか近所のおっちゃんなんかは
缶コーヒーの底でギーギーしてるけど
正直オススメはしない。

毛布

これ、番外編的な感じだから載せなくてもいいかな、
って思ったんだけど
もし雪道で動けなくなるというピンチ状態になった時
毛布をタイヤの下にかませると抜け出せるってやつ。

事故とかで渋滞になった時にガソリンピンチ!エンジン切らなきゃ!
って時にも役に立つし積んでいて損はない、くらいの感覚ですが。

NG行動

屋根に雪を積んだまま走る

これ、めっちゃ危ないから気を付けて欲しい。
つい先日もニュースで
「県外から来た人が雪を持ち帰りたくて屋根につんだまま
高速に乗って~」
とかってやってたんだけど、ダメですよー!ダメダメ!

私も前の職場に居た時働いてる間に20cmくらい積もってたんだけど
早く娘を保育園に迎えに行かなきゃいけなくて
ちゃんと落とさず走ってて、下り道で赤信号になったから
ブレーキ踏んだらドバーってフロントガラスに落ちてきて
めっちゃ冷や汗出たし恥ずかしかった(;^ω^)
ハザードつけて大慌てでスノーブラシで雪落としたけど
普通に考えて迷惑行為でした。
ほんとごめんなさい。

氷点下でウォッシャー液を出す

これもやってしまいがち(私だけ?)なんだけど
氷点下のさっむい朝とか夜中とかに
ちょっとこの氷邪魔だからウォッシャー液で溶かそ~
なんて思ってウォッシャー液をだすのは、ダメ、絶対!
フロントガラスがたちまち凍って真っ白になりますよ。
ワイパーを必死に動かしてもなかなか 氷が削れなくて
めっちゃ危ないよ。

やっちまった時はハザードつけて速やかにはじっこに寄り
さっきの三角のアレで削って
「氷点下では2度とウォッシャー液は出しません」
と3回唱えましょう。

ワイパーを無理やり動かす・引きはがす

ワイパー繋がりでもう一つ。
これは走行中ではなく朝出かける時にやることが多いかな。
ワイパーを上げ忘れてフロントガラスに張り付いてしまったワイパーを
無理やり動かしたりはがす行為。
コレをするとワイパーのゴムが壊れる原因になります。

出かける前なら私は20分くらい暖機するので
ぬるま湯を掛けちゃう。
推奨されてる方法ではないと思うけど、、

雪道の迷惑にならないスピードは?

ずばり!!!

な答えはないけど、安全運転が一番っていうのが私の答え。

体感だけど35キロ位出てれば許してくれる風潮があると思う。
でもやっぱ人によるから何とも言えない。

・すれ違う時は怖かったらなるべくはじに寄って止まる
・周りに合わせて無理しない
・追い越してもらえる道幅があれば追い越してもらう
・時間に余裕を持って出発する

私も雪道の運転がほんと苦手でノロノロ運転だけど
遅くてイライラしたとしても怒鳴るような人には
出会ったことがないから大丈夫だと思う。

どうか長野を嫌いにならず安全に厳しい冬を乗り越えて
長野を一緒に盛り上げて欲しいです★

移住先に長野を選んでくれてありがとう!