LINE公式アカウントのリッチメニューの必要性

LINE公式アカウントのリッチメニューの必要性サロンオーナー様
この記事は約5分で読めます。

こんにちはMialy (@Mialy Design)です。

ネイルサロンを個人で経営していて、LINE公式アカウント(旧LINE@)を
運用している方もだいぶ増えてきました。

私がエステサロンやネイルサロンの公式アカウントを
いくつか登録してみた中で、いくつか気になった事があるので

私なりの考えを書いていきたいと思います。

ネイルサロンで例えていますが、その他の美容系サロン
にもあてはまる内容になります。

この記事はこんな人にオススメ

・聞いたことはあるけど何か分からない
・設置することのメリットを知りたい
・LINEから集客したいと思っている

基本のお話

リッチメニュー・リッチメッセージとは

リッチメニュー制作事例

皆さんリッチメニューをご存知でしょうか?

公式アカウントの文中にリンク付きの画像やクーポン画像を
見かけますよね(^▽^)
それがリッチメッセージで、

一番下に固定された画像、それがリッチメニューです。

これ、もしかしたら自分のアカウントには設置出来ない
と思ってる方もいるのかな?

大丈夫!設置できますよ(/・ω・)/

また、いじってみたけど全然分からないんだけど!
って相談いただいたこともあります。

大丈夫!私がサポートします(゚д゚)(。_。)ウン

いくら文章の見せ方を変えてみてもちょっと味気ないですよね。
そしてリッチメニューにはもっと大切な役割とメリットがあるんです。

お客様目線で考える

文字数の削減

私は好きなブランドやファッション雑誌の公式アカウントを
登録していますが、中でも文章に関してVOGUEのアカウントが
好きです。

その理由が一つの投稿が7〜8行でまとまっているから。
文字数にすると多くても110文字ほどです。

このくらいの量だととても読みやすくて毎回すきま時間にも
チェックできますよね。

CHANEL BEAUTYのアカウントに関しては文字の行数、文字数は
VOGUEの倍ほどあります。

それでも私は読んでしまいます。
それは次で書くタイトルに興味を惹かれるからなんですね。

長文で書く場合に気を付けること

先ほどのCHANEL BEAUTYそして同じコスメ関連でいうと
DIOR BEAUTYも新作の情報などを長文で紹介していますが

一体何が違うのか。

読みやすく、興味の惹かれるタイトル付けをしているから
なんです。

具体的には
簡潔なタイトル付け
タイトル周りの飾り
3〜4行で改行(空白)を入れている

このあたりが非常に私たちに親切なんですね。

そしてもっとも重要だと思う事を次に書いていきたいと
思います。

無駄な時間を取らせない

今、お友だち登録しているのはあなたにとって
見込み客となるお客様、そして既存のお客様です。

みんなの時間をいただいて読んでもらっている訳ですから
無駄な時間を過ごさせるのはいけませんよね。

どこを押したら欲しい情報にたどり着くのか
お客様を迷子にさせないことがとても大事になります。

お洒落すぎて情報が分からないリッチメニュー

お客様が迷子になっていますよ。

分からない、めんどくさいからと途中で離脱されてしまうのは
とても勿体ないことだし、お客様の時間を無駄にして
しまっているのです。

とりあえず画像入れよう
ではなく、与えたい情報とお客様が欲しい情報がマッチ
するようにデザインを考える必要があります。

リッチメニュー設置によるメリット

・ブロックされにくくなる
 (クーポンやリッチメニューも併用するのが望ましい)
・伝えたい情報を凝縮して一目で認識してもらえる
 (視覚的な訴求)
・きちんと運営しているんだな、という安心感がある

目的を考える

もっと知ってもらう(ファンになってもらう)

ネイルの作品だけでなく日常生活もInstagramで発信していて
Instagramからお友だち登録をしてくれた方と

NailBookなどのネイル作品だけを見てお友だち登録して
くれた方、

どっちが実際にお店に足を運んでくれると思いますか?

多くの方は前者を選ぶと思います。

中にはどうしてもこのデザインが良いから、とデザインのみで
来店を決める方もいるかも知れませんが

多くの方はあなたのことを
「この人どんな人だろう」
と気になっていると思います。

私なんかは人見知りなので、どんな人か分からない場合には
個人のサロンに行くには相当な勇気がいります。

そんな時にInstagramやブログなんかで、あなたの人物像が
見えると非常に安心するのです。
女の人とはいえ、「見えない人」は怖いのです。

なので、NailBookなど人物像が見えないところからお友だち登録
いただいた方にあなたのことを知ってもらうために

LINEのアカウント内にはあなたの人物像が分かるような
Instagramやブログのリンクを埋め込むことが重要だと思っています。

集客するためのツールとして

「あなたがLINE公式アカウントを運用する目的は何ですか?

新規のお客様の予約受付を停止しているような人気サロン
でない限り
最終的な目的は物販や集客という風に考えている方が多いと思います。

その際に必要なのは予約(購入)してもらうことですよね。

お客様の欲しい情報を与え、予約に導くという導線
非常に大切になってきます。

さいごに

Mialy Designではお客様を迷子にさせない、導線を意識した
リッチメニュー・リッチメッセージの作成、設置代行
月契約でのLINE公式アカウントの運用代行(画像作成込み)
を行っています。

まずはチャレンジしてみて困った時にはお気軽に
ご相談いただけたらと思います(^▽^)/

タイトルとURLをコピーしました