Mialy Designをご利用いただくお客様にお願いです

Mialy Design
この記事は約4分で読めます。

いつもMialy Designをご利用いただきありがとうございます☆
ご利用いただくお客様に、いくつかお願いがありますので、
ご依頼前に必ずお読みいただきますよう、お願いいたします。

Mialy Design営業日について

フリーランスのデザイナーとして働いているので、
今まで特に営業日などは設定しておりませんでしたが、
一部の方にお伝えしている通り、土日と祝祭日は
家族との時間を優先するためお休みをいただくことといたしました。
営業時間は現在は特に設けておりません。
ご依頼やご相談、修正依頼は休業日であっても24時間受け付けております。
確認後、速やかに返信いたします。

例外として、
・納品後の急な修正の対応はさせていただきます
・新規のお急ぎ案件の場合、プラス料金にて承ります
(デザインにより料金が変わるのでご依頼前にご相談ください)

料金について

現在、目安として料金を載せています。
多くのデザイン会社で料金を載せていない事が多いのは、
ご希望のデザインにより工数(制作時間)が全く違ってくるからです。

Mialy Designでは、安心してご依頼いただけるよう今後も料金の目安
ということで開示していく予定ですが、最低料金という形での提示
とさせていただきますので、あくまで目安
としてお考え下さい。

ヒアリング、イメージのすり合わせ、競合・他社調査、素材集め、フォント選定、
ご提案など、時間を掛け丁寧に進めております。

お客様の求めるデザインが多種多様になってきたので、
今後はデザイン単位(リッチメニューなのか、名刺なのか)ではなく
作業に掛かる時間で料金を割り出していくことに決めました。


「こんなデザインが良いんだけど」
「こういうのは好きじゃないんだよね」
と参考になるものを見せていただくことで、
お客様の好みを把握でき、時短に繋がります。

どうぞご協力のほど、お願いいたします。

どんなデザインが良いのかを知らせていただけたら
私の方でもどのくらい作業時間を確保するかおおよその判断が付きますので、
是非お見積り依頼・ご相談くださいね☆
Instagramから相談する

納期について

ご依頼をいただいた時点で納期のご確認をし、
ご納得いただいてから作業に入っておりますが、
残念ながら、途中で連絡が途絶えてしまうお客様もいらっしゃいます。

「忙しかったから」
「案がまとまらないから」
「参考資料をどう探せばいいのか分からないから」
もちろん様々な理由があります。

しかし、私は待っているだけではお給料が発生しないので、
ある程度返信をいただけない場合には次のお仕事を開始しております。
そうすることで、先にご依頼いただいたにも関わらず納期がどんどん
ずれ込んでいく、ということになり兼ねません。

私は、先にご依頼いただいた方から返信をいただけない場合には
後からご依頼いただいてもスムーズにやり取りできる方や、
継続案件のお客様を優先的に、
という形でお仕事をしています。


返信を待っている3日間の中で、
「先にご依頼いただいている方がいるのですみません」
とお断りさせていただく事で結局返信いただけず2件とも仕事がなくなってしまった
パターンもあります。

個人事業主として開業し張り切っていたのに、
とても残念な気持ちと共に、見る目がなかったのだと
自分自身を責めました。

いつもはマメに返信してくれるのに返信が来ない場合には
「何かあったんだろう」と察しが付きますし、
どうしたんだろう。もう少し待ってみよう、困ってる事があるのかも
と、私からも連絡しますが、
いつもルーズだと「こういう性格なんだろうな」と
分かります。

なので、今後は
・過去に何度も連絡が取れなくなった
・お困りごとがあるのか尋ねても返信がない
・毎回の返信がルーズ(概ね3日以上)


に当てはまるお客様は申し訳ありませんが、進んでいる作業分の
料金を速やかにお支払いいただきお取引の終了、
今後はご依頼をお断り
させていただきたいと思っております。
ウェブサイト制作など大型案件の場合には法的処置を取らせていただくことも
検討しております。

私も過去の職場で繁忙期を経験したこともありますし、
新規オープンで忙しい経験をしたことがありますが、
たった一本の連絡すらできない、という状況はなかなか
ないと思います。
ご飯を食べながらでも結構ですので連絡をいれていただけたらと思います。

その際には、他のお客様を優先させていただくことを
ご承知おきくださいm(_ _”m)

さいごに

長くなってしまいましたが、Mialy Designを長く続けていくために
知っておいていただきたい事を書かせていただきました。

私のお客様は良い方ばかりで自慢のお客様たちです。
こんなご時世でもみんな明るく前向きにご自身の事業と向き合って
いる姿を見ていつも刺激を受けています。

また、私を様々な角度から応援してくれたり私のデザインが好きだと言って
継続案件を与えてくれるお客様には感謝しかありません。
しかし、お仕事を続けるうちに、このような素晴らしいお客様だけでない
のが現状となってきました。

こんな事を書いたら不快に思われてしまうかもしれません。
でも、私が落ち込んでいては良いデザインは出来ないし、
既存のお客様や私とお仕事をしたいと思ってくれている
顕在的なお客様にご迷惑をお掛けすることになるかも、という懸念から
今回このようなことを書かせていただきました。

ご理解いただけますと幸いですm(_ _”m)

タイトルとURLをコピーしました