継続案件をもらうにはどうしたらいい?私が今も実際にしていること

継続案件をもらうにはどうしたらいい?私が今も実際にしていることマインド・働き方
この記事は約5分で読めます。

私は自分から人に絡んでいくのが得意ではありません。
嫌なわけではないけど、極力そこで消耗したくない感じ。

なので最初からリピーターと口コミ・紹介だけで
案件を受けたいと考えていました。

そこで今回は、実際に私がしてきた
「営業しない為の営業」
「継続案件をいただける仕組み作り」
についてお話ししようと思います^^

この記事はこんな人におすすめ

・営業がどうしても苦手
・継続案件に繋がらない
(リピートされない)

・「お金」のことしか考えていない

営業をしない為の営業

SNSの活用

今この時代で、SNS何もやってないよ、という人は
なかなか居ないとは思いますが
みなさん活用できてますか?

SNSには無限の可能性が秘められてると思っています。
最低2つはSNSや自分のメディアを掛算して運用しましょう。

相性が良いと言われているSNSやサービスの(思う)組み合わせは
以下の通り(一部ですが主要なものを載せます)
Twitter×ブログ
Twitter×note
Twitter×YouTube
YouTube×ブログ
Instagram×Pinterest
Instagram×BASE(STORES)
Shopify×Pinterest

ペルソナに向けた投稿

Twitter、Instagram、YouTubeの投稿は闇雲にするのではなく
ペルソナに向けたものであった方が好ましいです。

自分のクライアントにしたい人物像をペルソナとし、
そのペルソナが見たい、読みたい、知りたい
と思えるような情報を発信することで
自分の理想とするクライアントを
引き寄せることができます。

反応のあったフォロワーさんにDMで話しかける

ペルソナを意識して投稿を続けると、
「うちのお店のロゴマークもお願いできますか?」
などと、お声を掛けていただくことがあります。
が、いつも「いいね」や「コメント」をくれても
依頼には繋がらないんだよね、、
という事の方が多いと思います。

明らかに自分(フォロワー)に関係のある投稿にばかり
「いいね」などのアクションを起こしている場合には
興味があり、何かのキッカケがあれば依頼してみたいな、
という心理状態ということもあり得ます。

ゴリ押しするのでなく、
何かお困りごとはありますか?
と、お話しを聞いてあげると
「困った時にはこの人に頼もうかな」
「あの人にお願いしようかな」
と思い出していただけたりもします。

この「思い出してもらえる存在」がとても大事なのです。

継続案件をいただく仕組み作り

クライアント選び

継続案件をいただくには初めのクライアント選びも重要に
なってきます。

A: 趣味程度におうちサロンをしているオーナーさん

B: 今はおうちサロンだけどゆくゆくはお店を持つのが夢というオーナーさん

極端な例ですが
どちらが継続案件に繋がりやすいでしょうか?
私だったらBのオーナーさんをクライアントに選びます。

向上心のあるオーナーさんは新しいことにも前向きに
挑戦してくれることが多いので、
デザイナーとして更にお仕事がいただけるだけでなく
お話しをしていて、とても勉強になります。

ただ、その分自分のブランディングがしっかりしていないと
デザイナー側が捨てられてしまうので(他のデザイナーに乗り換えなど)、
私も真剣に向き合って、自分に出来る限りのことを
しています。

クライアントの「困った!」を先回りして見つけ修正・提案する

例えば最近あったお話しですが、
私はとある不動産投資家さんのYouTubeチャンネルの
サムネイルデザインを担当させていただきました。

この方は以前、別のご依頼で縁があり
「サムネイルもお願いしたい」と言ってくださった方です。

私は現在までに5本のサムネイルデザインを担当していますが、
そのうち一つの再生回数が伸びておらず、気になっていました。
視認性が悪いかな、、
ちょっとインパクトなさすぎかな、、

サムネイルはYouTubeチャンネルでもとても大切な要素なので
大幅に修正をして、こちらに変更してみませんか?
と提案させていただきました。
忙しい方なので差し替えの手間を考えると
少し悩みましたが、
YouTubeに力を入れってらっしゃったので、
これは早い方が良いと思い決断しました。

この出来事は、クライアント側からの修正依頼でなく
私がモヤモヤした事で修正し、差し替えをお願いした例です。
何も自慢できる事例ではありません。

他にもコロナ自粛が明けてサロンを再開したよ、
という文言を入れて納品した直後に
ニュースを見ていたらクライアントの住む地域の
状況がまた変わってしまった、という事があったので
「あのオーナーさん困ってるだろうな、、」
と思い声を掛けさせていただき修正をしました。
クライアントからすると、
「こんなことで頼むの申し訳ないな」
「また状況が変わるかもしれないし」
と思い言い出しにくかったりするので、
その点を、いつでも遠慮なくお申し付けくださいね、
と一言声を掛けてあげるだけでも
安心していただけるのかな、と思っています。

納品したからどうでもいい。

ではなく、きちんとクライアントの元に納品してから
どんな反応が出ているか、
使いづらさ、困った事はないか、までを見届けるのが
私の仕事だと思っているので、

クライアントに言わせるのではなく、
申し訳ない思いをさせるのではなく

納品後でも私の方からお声を掛けさせていただく事があります。
YouTubeやブログ、Instagramと違い反応が見えない場合も
連絡を取って使い心地や反応を聞いて、問題があれば
「じゃあ修正しますね」
「次回はこうしましょうか」
などと提案をさせていただきます。

これらの行動はもちろん一番はクライアントとクライアントの
お客様の為ですが、
それと同時に私の成長の為でもあり、
次に繋げるチャンスでもあるのです。

一回きりのお付き合いだけでなく
継続してお付き合いしていくため、
安心して信頼をしてもらえるよう
努力しています。

なお、私の料金が高めなのは
ナメられたくないから、といった理由だけでなく
アフターフォローも全力でするという決意から
きていたりもします。

なので、こちらからお声を掛けさせていただいた
修正に関してはもちろん料金はいただいておりません。

「お金のことばかり考えていると逃げていきます」

事業をする上でお金を稼ぐことはとても大事ですが、
お金の問題は「クライアントの困りごと」には
関係のない話です。

まずはお金のことでなく、
クライアントに寄り添って
困りごと、目標やゴール、それらの解決のために
お話しを聞いてあげて欲しいのです。

信用なくして継続案件に繋がる事はないので
まずはしっかりと目の前にいるクライアントに
真摯に向き合ってみてください^^

真面目さや真剣さが伝わると
継続案件に繋がる良い関係が少しずつ出来てくると思います。

失敗しても次こそは、と諦めずに頑張ってみてください♡
スキルだけでは補えない大切な物がきっとあるはずです。

タイトルとURLをコピーしました