LINEスタンプや絵文字を作る為に必要なもの

LINEスタンプや絵文字を作る為に必要なものおすすめツール・サービス
この記事は約13分で読めます。

私はLINEスタンプと絵文字をiPadで描いて販売しています。
最近スタンプや絵文字を自作したい方から使っている
iPadの機種やお絵かきアプリについて
聞かれる機会が増えてきたのでご紹介したいと思います。

実際にスタンプや絵文字を作る方法については別記事に
書きたいと思います。

準備するもの

iPad ProとApple Pencil(第2世代)とペーパーライクフィルム

私が使っているモデルは2018年モデルのiPad Pro 11インチですが
amazonでは見つからなかったので、
最新のもの(2020年6月現在)を貼っています。

これは絶対というものではありませんが、多くの方が
ペーパーライクフィルムを貼っているように思います。
ペーパーライクフィルムとはザラっとしたフィルムを
貼ることで、紙に描いているような感覚になるものです。
私も最初はツルツルしたフィルムで描いていましたが
こちらに替えてからは手放せません。
Good notes5などで字を書く際にもとても書きやすく
なりました。

iPad AirとApple Pencil(第1世代)とペーパーライクフィルム

iPad Proは高すぎる!という方には下記をオススメします。
使えるApple Pencilが違うので、ご購入の際はお間違えの
ないようお願いいたします。

このiPadで使えるApple Pencilは第一位世代のものになります。
購入の際はApple Pencilの第1世代を購入するように
してください☆

これは絶対というものではありませんが、多くの方が
ペーパーライクフィルムを貼っているように思います。
ペーパーライクフィルムとはザラっとしたフィルムを
貼ることで、紙に描いているような感覚になるものです。
私も最初はツルツルしたフィルムで描いていましたが
こちらに替えてからは手放せません。
Good notes5などで字を書く際にもとても書きやすく
なりました。

お絵かきアプリ

LINEスタンプや絵文字は背景を透過する必要があるので、
透過出来る機能があればお好みでいいのですが、
私のお勧めはProcreateです。
有料アプリですが買い切りとなっていて買う価値ありです。

慣れるまでは大変でしたが、色々なアプリを使った結果
私はお絵かきにはProcreateを愛用するようになりました。

色塗りに関してはAdobeのFrescoを使うこともあります。
Frescoは油絵と水彩の再現度が素晴らしいです。
Frescoは月額制ですが、無料体験期間が設けられているので、
登録してみて決めていただけたらと思います。
是非、油絵ブラシと水彩ブラシをお試し下さい☆

お絵かきするならこの本がオススメ☆

さいごに

以上で私がLINEのスタンプや絵文字を作る際に使用しているものの
紹介を終わりたいと思います。

実際にProcreateを使った簡単な絵文字の作り方もご紹介
したいと思っているので、お楽しみに☆

LINE絵文字の販売体験談はコチラから

LINE絵文字の外注なら

タイトルとURLをコピーしました