フリーランスの名刺、どんな項目が必要?住所は載せなくても良い?

名刺に住所は載せるべきかマインド・働き方
この記事は約4分で読めます。

こんにちはMialy (@Mialy Design)です。

紙の名刺の必要性が薄れてきた今も、私のように地方に住んでいたり
あまりデジタル化に関心のない人が周りに多いよ、という方は
持っていてもいいと思っているのですが、
(私も開業前に作りました)
主に自宅やカフェでお仕事をしているフリーランスが
個人情報をどこまで載せるか、というのは駆け出しの頃に
デザイナー、クリエイター間でも話題にあがることが
ありました。

今回は、
・私が名刺にどこまで個人情報を載せたか
・住所を載せないと信用度が下がるのか?というお話
・バーチャルオフィスを使うという選択肢
・クライアントや交流会用名刺の使い分け方

なんかについて書きたいと思います^^

          この記事はこんな人にオススメ

・名刺を作りたいけど載せるべき項目が分からない
・住所を載せるのは怖いけどちゃんとした印象を与えたい
・バーチャルオフィス(住所借り)を比較・検討してみたい

住所を書かないとダメ?信用度は下がる?

ネットなどでは名刺に住所を書かないと
信用されないんじゃないかというお話しも出ているのですが
果たしてそうでしょうか?
私の場合や経験談をお話ししたいと思います。

どんな人を相手(クライアント)にしているかにもよる

私の場合ですが、
大きな企業との取引がないので今のところ
「君、ちょっと信用できないから頼めないな・・・」
のようになったことはありません。

駆け出しの段階で大きな企業を相手にお仕事している人は
ごく少数だと思うので、
すでに大きな企業を顧客に抱えている、
自分は今後大きな企業としか仕事しない!
という方以外は必ずしも住所を載せる必要はない
いうふうに思っています。

お仕事に繋がるかどうかに名刺は関係ない

名刺がしっかりしていても、結局のところ
お仕事に繋がるかどうかは実績(ポートフォリオ)や人間性、
相性なんかになってくるのではないでしょうか。

名刺に住所や個人情報を載せているからといって
そこだけ判断されて
お仕事に繋がることって多分少ないですよね。

それでも不安ならバーチャルオフィスを使う手もアリ

・過去に住所について突っ込まれた
・クライアントと郵便物でのやり取りが頻繁にある

といった方だと、やっぱり住所は必要なんだよね、
と思う方も居るかもしれませんね。

そんな時にはバーチャルオフィス(住所借り)を使う手もアリです。

            バーチャルオフィスとは
・名刺やクライアントに教える住所を借りられる
・バーチャルオフィス宛てに届いた郵便物を転送してもらえる
・都心の一等地に住所が持てる(ことが多い)

バーチャル・レンタルオフィス、コワーキングの検索サイト

私が名刺に載せている項目

屋号と個人名

Mialy Design
Web/Graphicデザイナー
ローマ字表記のみの苗字と名前

最低限の個人情報(連絡手段)

スマホの番号とメールアドレスのみ
住所と違って最悪、変更可能なのでと思ったけど
イタズラ電話的なのは今のところない。笑

今度作る時はLINEだけでいいかもとすら思っている。

SNSとポートフォリオサイト

私の人となりや実績をみていただく為

InstagramとポートフォリオサイトのURLを載せてます。
だがしかし、開業前にちゃちゃっと作ったInstagramの
アカウント名が今とは違うので

早いとこ新しい名刺作らなきゃと思ってる。
ちなみに今は手書きで線引いて新しいアカウント名を
書いてます(;´・ω・)
まだ100枚くらい残ってるのにこれだよ、、

名刺の使い分け方法

お友だち・交流会用

ちょっとウケ狙いの趣味っぽい、
でも何してる人かは分かるような名刺を作っておくのも面白いと思う。

私はショップカードとか面白い名刺とか
昔から収集していて
楽しそうな仕事だなー、と思って見たりしてたから
お堅い名刺でなくインパクト重視の名刺でお仕事に
繋がる人は結構いるのでは?

大きな企業や親せき等用

ちょっとお堅めのクライアントや、
親戚に「今何やってるの?」って聞かれた時
私の母方の家系は面白職種←の身内がいるので
みんな寛容だし全然ウケ狙い名刺渡せるけど
父方の親戚はお堅め人間の集まりなので
絶対渡せない。笑

そんな時の為にそれっぽい名刺を用意しておくのもいいかもしれない。

私が今使ってるのは、可もなく不可もない名刺です。笑
次回は趣味に走った名刺で
お堅い職種の人や親せきに合ったら
名刺は持ってないフリしよーっと。

さいごに

私は多分今後も大きい企業とのお仕事が出来るような器にはなれないし
まったくそういった方面への進出は狙っていないので
名刺に関しても好き勝手させてもらって、
住所に関してつっこまれたら
多分その人とは仕事しないし

事業をしているとはいえ、家族がいるから住所を
さらす気はサラサラないの。
今のところ困ったこともないし。

女性の一人暮らしとかもほんと気を付けて欲しい。

でもね、大きい企業とのお仕事を狙ってる人には頑張って
欲しいし、私のような甘い考えでは通用しないことも
分かってるの。

多分ほんと凄いとこならバーチャルオフィスすら許されない
とかもあり得ると思う。

そんな凄いステップを目指している駆け出しフリーランスの
あなたにも、ちょっとでも参考になったと思ってもらえたら
これ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました