エアプランツはじめました~ウスネオイデス編~

エアプランツはじめました~フックシー編~エアプランツ(ティランジア)
この記事は約6分で読めます。

こんにちはMialy (@Mialy Design)です。

Mialy
Mialy

エアプランツって空気中の水だけで生きられるんだー

という間違った知識でエアプランツを知ったのは
約5年まえのこと。 

当時はガーデニングと多肉に精を出していたので
知ってはいるけど、水やりもいらないなんて育て甲斐がなくて
つまらないなー、と手は出していませんでした。

そんな私がエアプランツにハマるきっかけとなったのが

コロナで春先にお目当ての少し遠くにあるお花屋さんに行けなくて
やることないし部屋のDIYでもするか!
と、夫と近所のホームセンターに立ち寄ったことでした。

夫が観葉植物が欲しいというので園芸コーナーに行くと
いつもは流し見してたエアプランツに一目ぼれ。

それがウスネオイデスとの出会いでした。

モジャモジャ、っとしている右の子がウスネオイデスです。
名前は書いてあったものの、エアプランツに関して
全く無知だったので区切り方を間違えて
ウスネオ・イデスだと思っていたほどです(;´・ω・)

帰ってさっそくYouTubeで育て方を調べて
驚くべき真実を知ることとなったのでした。

Mialy
Mialy

お水、必要なんだねぇ。

そう、空中の水だけで生きられるなんてのは
まったくのウソ情報だったのです。

でもこれは嬉しい誤算!
私は水やりに喜びを感じるオンナ。

思わず小躍りしそうになりました。

という訳で、ソーキングには賛否両論ありますが
購入したウスネオイデス、通称スネ夫をソーキング。

ちょっと怖いのでソーキングは購入した日だけにし、
様子をみながら行うこととします。

エアプランツに限らず本の通り、YouTubeの通りに
育ててもうまくいかないのが植物を育てる
難しさであり楽しさであります。

なので毎日しっかり観察してあげて
環境に合ったお世話の仕方をしてあげる、

というのが私の持論です。

私のスネ夫は葉が細くお水を多く必要とするようなので
今のところスネ夫に関しては毎日の霧吹きが欠かせません。

ウスネオイデスは結んでぶら下げることが多いと思うので
結び目近辺は乾きにくいです。

エアプランツは霧吹き後、なるべく早く乾かすのが
鉄則だそうで、確かにスネ夫の結び目の葉っぱが茶色く
変色してしまっていました。

なのでわたしはソーキング後(ソーキング前の方が楽だよ!)
結び目をほどいて、変色してしまった部分をずらして
結びなおし、霧吹き後は何度も結び目近辺をめくって
まんべんなく風が通るようにしてあげています。

自然界ではこんな風に木や電線にぶら下がってるんだって。
増えすぎて雨に濡れて重くなったウスネオイデスが電線を
切ってしまうもんだから、荷物の緩衝材なんかにも
使われているそう。

そんな物をお金を出して買うなんて、、
って現地の人は思っているかもしれないね。笑

2020年7月20日現在の我が家では
9種類10個のエアプランツ(名前が分からないこがいるので
ちょっと違うかも、、)が生活しています。

ガーデニングと違って草取り必要がないのと、
お仕事で疲れた時にすぐに目に入ってきて
癒してくれるエアプランツの存在が、早くも
わたしにとって、なくてはならないものに
なっています^^

次回はどの子を紹介しようかな~

エアプランツに興味のある方、是非インスタでも
絡んでくださいね^^

初心者さんには太葉がオススメ。
わたしも今度は太葉を購入するよ(/・ω・)/

持っていると重宝する
ウスネオイデスをぶらさげるのに便利な細い流木。
引っかけられれば流木でなくても何でも大丈夫だよ^^

タイトルとURLをコピーしました